竹内里恵子(たけうちりえこ)

特定社会保険労務士
ゆいえ(結恵)労務サポートオフィス代表。
大手トイレタリーメーカーの生産技術者として働いた経験から、良好な職場環境こそ、企業の生産性を向上させることを認識する。
結婚、妊娠を期に退職するも、企業の労働環境を整えるための活動をミッションとして、社会保険労務士として社会復帰。
社員への行動指針アドバイザーとして、育成研修を行う。

社会保険労務士として企業の顧問も務める傍ら、若い社員が働き甲斐を感じて労働できる環境を実現するために、人材育成に熱意を注ぐ竹内里恵子さん。
 
かつては子育てのために企業も退職し、専業主婦として社会のあり方を客観的に見てきた経験を活かして、どのような活動で企業のお役に立たれているのか?
その想いをじっくりお伺いしてまいりました。

インタビュワー 株式会社hug マネジメント 北村壮一郎

北村:
社会保険労務士(社労士)になられたのは、子育てが一段落ついた後とお伺いしました。社労士になられたきっかけは何ですか?
竹内さん:
私は子供が出来て退職する前までは、大手企業の生産現場で、男性に入り混じって商品開発をしておりました。
今考えたらその会社は大変恵まれた環境で、職場環境も優れていたので、とても働きやすかったのです。
ですから、社会復帰する際も、職場環境を改善することに興味があり、それであればと社労士の資格を取ることにしたんです。
北村:
社労士としての、竹内さんならではの強みはありますか?
竹内さん:
私は職場環境を良くして、働き甲斐のある会社を増やしていきたいと思っています。
ですから、経営者の想いをヒヤリングして、就業規則として形にすることの他、従業員の職場での労務相談など、底辺に渡る活動も行っております。
活動自体も顧問先の労務相談だけではなく、依頼があれば積極的にセミナーを行っております。
北村:
一口に労務相談と言っても、色々な形があるのですね。研修やセミナーの開催は多くされているのですか?
竹内さん:
もともと社労士になる前には、大学で非常勤講師をしていたこともあり、市民向けの社会保険セミナーや、厚生労働省主催のセミナー、社労士受験を目指す方向けの社労士講座も開催しておりましたので、研修やセミナーの機会は多くございました。
加えて、行動指針アドバイザーを取得してからは、経営者や社員研修の機会も増えました。
北村:
その行動指針アドバイザーとは、どんな研修をするのですか?
竹内さん:
はい、自分自身の持ち味や強み、特徴を知ることで、自己評価をするだけではなく、社員同士で認め合うなどして、お互いの信頼関係を引き出していく、いわば承認力を高めるワークショップ型の研修です。
どんな業種でも対応できる、3時間×2日の6時間の研修ですので、社員研修をあまり実施されたことのない中小企業にもご好評いただいております。
北村:
社員一人一人の行動指針が定まると、どんなメリットがありますか?
竹内さん:
社員の皆さまが、自主性を持って、経営者と同じ意識で仕事に取り組んでいただき、一致団結して会社の目標に向かい、生産性を上げるのが目的です。
お互いの行動指針をアウトプットし、みんなで共有することで信頼にも繋がりますし、社員としては何をすれば評価に繋がるのか、また経営者は何を評価してあげればいいのか、という評価基準の明確化にもつながりますね。
北村:
社員の成長に悩まれている経営者は多いので、社員育成の観点からも、評価基準については目を背けることはできませんね。
竹内さん:
そうなんです。
経営者が「社員が育たない」と嘆くのは簡単なんですが、そのような会社に限って、何をすれば評価されるのかがわからず、社員の気力が萎えてしまっているケースが多いのです。
北村:
一度は家庭に入られ、完全に専業主婦をされていたのに、ここまでの熱意を持って労働環境改善に取り組まれているのは、どんな理由があるのですか?
竹内さん:
実は私も子育てをしながら、いくつかの時短で働いたことがあります。
法テラスで相談者の悩みを解決する仕事や、国保組合での事務の仕事など、とても学びにも経験にもなるお仕事をさせていただきました。
でも、自分としては能力を社会のために役立てて、もう一花咲かせたい。
そう感じていた時に、社労士の資格学校に通うきっかけができたのですが、そこで今の私の熱意を引き出す、運命の一言に出会いました。
北村:
それは興味深いですね。どんな一言をいただいたのですか?
竹内さん:
現役の社労士でもある担当の先生に、このようなことを言われたのです。
「子育ても、企業の人材育成も、根本は同じ。子育てを経験したのならば、社会に出て、社会のお役に立つことができます」と。
北村:
大きな意味のある一言ですね。そう聞いたら、頑張らざるを得ないですね(笑)
竹内さん:
その一言がきっかけで、社労士の資格まで取ることになりました(笑)
この先生には別の一言もいただき、今でも社労士としての行動の指針になっています。
それは、「労務トラブルは、自分の子供が起こした問題と考えて対応しなさい」と。
それくらいの責任感を持って取り組めば、どんな難解な事案でも、ベストの答えが見つかると教えられ、勇気づけられました。
北村:
今後は企業にとって、どんなお力になれることを望んでおられますか?
竹内さん:
まずは仕事が好きだと思える、そんな若手社員を増やしていきたいです。
私自身、良い職場環境に恵まれ、仕事が楽しくて仕方ありませんでしたので、出産を機に退職してしまったのは、今でも心残りに感じています。
そんな想いを感じる社員を一人でも減らしていきたいので、経営者が、会社の業績の前に、自社の社員一人一人に目配せを行い、信頼関係が築かれた会社が増えるようにしていきたいと思います。
北村:
社労士としても、研修講師としても、両方でお役に立てますね。
竹内さん:
ありがとうございます。
会社は従業員の満足のために、そして従業員は会社の発展のために。
言うのは簡単ですが、これを実感し、腑に落ちるまで徹底してやっている企業はごくわずかです。
その状況を変えるために、社員に行動指針を落とし込み、働くことが自己実現に繋がるような、そんな社会創りのために、活動していきたいと考えています。
北村:
最後に、女性の社会進出についての想いもお聞かせください。
竹内さん:
私自身がそうしてきたように、子育てをしながら安心して働ける労働環境を、少しでも多くの企業に整えて頂きたいのですが、それだけでなく、お互い様文化の風土の構築ができればと考えています。
これからは、子育てだけでなく、病気治療との両立や、介護と仕事など、誰もが遭遇するであろうことに対して、お互い様という気持ちで誰もが安心して仕事が続けられる・・そういった風土が構築されている企業が増えて欲しいと考えております。
慢性的な企業の人材不足も解消しますし、何より子育ての経験が企業の発展に活かされるのならば、これほど有意義なことはないと思います。
今なら、出産を理由に、仕事を辞めてしまったあのころの私に、「楽しい仕事なんだから、簡単にやめないで」とアドバイスできるのですが、その想いを胸に、多くの女性社員に対しても、女性が社会で働く意義を説いていければと考えています。
竹内里恵子(たけうちりえこ)
特定社会保険労務士
ゆいえ(結恵)労務サポートオフィス代表。
大手トイレタリーメーカーの生産技術者として働いた経験から、良好な職場環境こそ、企業の生産性を向上させることを認識する。
結婚、妊娠を期に退職するも、企業の労働環境を整えるための活動をミッションとして、社会保険労務士として社会復帰。
社員への行動指針アドバイザーとして、育成研修を行う。