井澤満美(いざわまみ)

ファーストペンギン代表
”Points of You®認定トレーナー”
小さいころからの劣等感を、コーチングに出会うことで克服し、 同じような悩みや問題を持つクライアントに絶大な支持を得る。
Points of You®コーチングゲームに運命的に出会ってからは、企業の社員の格差を 埋めるべく、様々な方面へPoints of You®の魅力を伝える活動を している。
成人と大学生の二人の子供を持つ母親でもある。

Points of You® というカードを使ったワークショップに参加して、コーチング観が広がったコーチの井澤満美さん。
言葉でコーチングする限界を感じていた時に、写真で心を開いていく可能性に出会われました。
企業でも、優秀な社員よりは落ちこぼれ社員を育てたいと、熱意を持って語られる井澤さんに、お話しをお伺いいたしました。

インタビュワー 株式会社hug マネジメント 北村壮一郎

北村:
まずこの Points of You® について、簡単にお聞かせいただけますでしょうか?
井澤さん:
ありがとうございます。
この Points of You® は、写真や言葉が書かれた65 枚のカードを用いて、1 人~複数人の人数でワークショップを行っていきます。
これにより、自分の今を見つめていただくきっかけとなるんです。
2006 年以来、147 か国で普及していて、世界で200 万人が体験したという実績があります。
北村:
海外ではそれほど有名なんですね。
これは企業研修などでも使われているのでしょうか?
井澤さん:
はい、そうなんです。
日本にも進出している、イケアやロレアルのような大企業から、シルクドソレイユのような団体まで、様々な場面で活用されています。
北村:
なるほど!今目の前に広げていただきましたが、確かに親しみやすいですね。
井澤さん:
このカードの一番の素晴らしい点は、ゲーム感覚でできる、ということです。
コーチングセッションで企業を訪問しますと、経営者のかたは熱心でも、現場はいい迷惑、のような冷めた反応の場合があります。
しかし、このカードだと、ゲームのようにみなさんで楽しんでいただけるので、通常のワークショップがあっという間に終わった、もっとしたいという声がよくあがるんです。
北村:
しかし、そのゲームがどうしてチームビルディングに繋がるのですか?
井澤さん:
社員一人一人の潜在能力を開花させていくことができるからです。
スマートフォンやパソコンなどの影響で、人の視野は年々狭くなっていて、現在は36 度くらいしか見ていない、いわば「木を見て森を見れない」状態と言われています。
その代償として、想像力の欠如など、本来の能力を出せない社員が増えています。
このカードはそれらを打破し、社員の潜在意識を簡単に言語化できるような仕掛けになっているため、普段は意見を言わず、頼りないと感じている社員も心を開き、社員間で活発にコミュニケーションを取れるようになることが多々あるのです。
北村:
つまり、アイデアが出せるようになると?
井澤さん:
その通りです。
視野を広げ、そしてカードに対する自分の感じ方を他の社員と共有することで、自分とは違う価値基準を知ることができます。
そこにあるのは、社員の潜在能力開発です。
北村:
それであれば、社員がどのような能力を開花していくのか、いい意味で未知ですね。
井澤さん:
おっしゃる通りで、時間管理ができない社員が急にできるようになったり、またなかなか営業成績が伸びなかった社員が、トップクラスの売上が上げれるようにになるなど、可能性は無限です。と言いますのも、カードでワークショップをした後は、必ず行動計画に落とし込み、日常の業務に役立てていただけることが出来るんです。
北村:
そうでしたか。
経営者にも、積極的にご参加いただけるといいですね。
井澤さん:
普段は会議で経営者に気を使って話せない社員も、カードのワークショップであれば、対等な立場で意見を言うことができます。
経営者と社員が入り混じってできるのも魅力なんです。
北村:
井澤さんは、どんな想いを持ってこのPoints of You®を広めたいと思われているのですか?
井澤さん:
企業では、出来の良い社員、そうでない社員、色々だと思います。私自身が、その中でも出来が芳しくない社員にフォーカスを当てています。
実は私自身、劣等生で、自分を開示できずにいた時期が長かったのです。それを救ってくれたのは、コーチングでした。
ですから、私の想い入れが強いのは、どうしても劣等生社員なのです。
もっとも、Points of You® を使うことで、どんな社員でも潜在能力を伸ばせると実感してからは、社員一人一人が持つ最大の能力を引き出していくイメージを持って、ワークショップで社員の皆さまと向き合いたいと思います。
北村:
ありがとうございます。
では最後に離職率低下を望む、企業の経営者へ一言お願いします。
井澤さん:
色んな考え方、見方を知ることで幅広い視点が持てる社員になるきっかけ作りを、私にお手伝いさせていただけると幸いです。
エジソンは失敗を「一万通りの、うまくいかない方法を見つけた」と言います。
うまくいかないことでも色んな視点から物事が捉えられる社員が増えれば、社員の定着率も上がり、やがて業績も伸びるでしょう。
Points of You® のカードはそれらを効率的にクリアしていけるツールです。
ぜひ経営者の方が率先して、社員を巻き込んで楽しんでいただければと思います。
井澤満美(いざわまみ)
ファーストペンギン代表
”Points of You®認定トレーナー”
小さいころからの劣等感を、コーチングに出会うことで克服し、 同じような悩みや問題を持つクライアントに絶大な支持を得る。
Points of You®コーチングゲームに運命的に出会ってからは、企業の社員の格差を 埋めるべく、様々な方面へPoints of You®の魅力を伝える活動を している。
成人と大学生の二人の子供を持つ母親でもある。